定着化コーチング

単発のプログラムの場合、残念ながら効果が短期間しか持続しないこともあります。
また、状況が変わればプログラムで得た気づきを見失ってしまうこともあり得ます。

定着化コーチングは単発のプログラム後、定期的に数回、専門コーチと一対一で面談し、
プログラムで策定した行動計画の振り返りや更新を行っていきます。
これによってプログラムの効果が持続しやすくなるだけでなく、
専門コーチとの対話を通じて、一人一人に新たな、そしてより深い気づきが発生しやすくなります。
こうした気づきは本人の更なる成長に向け、強いモチベーションともなります。

集合研修は行わずコーチングのみご希望の場合は、EQアセスメントを受検いただき、その結果に基づいてコーチングさせていただきます。


導入イメージ

下の図のように、コーチングはテーマ別基本プログラムご受講時に策定した行動計画をベースに行います。
それぞれのコーチングの間隔は2週間~1ヵ月程度を推奨しています。

流れとしては、まず行動計画を職場で実践し、そこから得た気づきや反省をコーチと確認します。そしてコーチとの対話で整理されたことや新たに得た気づきを行動計画に反映します。これを数回繰り返すことで、多くの場合効果はより強固なものになり、成長が加速します。