組織診断

社員の感情や人間関係などが積み重なって作られる組織風土。 組織がうまく機能していないと感じるとき、根元的な原因はここにあることが非常に多いものです。組織風土は人間に例えるなら気力のようなものとも言え、業績を高めるためのエネルギーとなります。

コンビンスアイで採用する米国シックスセカンズ社の組織風土診断(バイタルサイン・アセスメント)では、この組織風土を指数化し、客観的に会社の強みや課題を洗い出します。 そして関連する人たちに、それぞれの要因が示す結果がいかに重要であるかに気づいてもらい、組織をより高いレベルへと引き上げるためには、メンバーがどのようなスキルを高め、どのような行動を取るべきかを鼓舞し、パフォーマンスの向上へと繋げます。


組織風土診断では組織風土を形成する5つの風土要因(モチベーションレベル、変化対応レベル、実践力・行動レベル、チームワークレベル)と、パフォーマンスを上げていくための4つの成功要因(「満足度」「迅速性」「結果志向」「永続性」)を指数化します。この風土要因は成功要因の60%を支えていることが調査で分かっています。

組織風土診断についてより詳しく知りたい方はこちら(シックスセカンズ社ホームページへ)